生活の雑学

夜道での防犯対策とグッズ~子供や女性が犯罪から身を守る為にできる事~

塾帰りの子供たち。バイト帰りの女の子。仕事帰りの若い女性。
そういった自分より弱いものを狙ってくる卑怯な犯罪者は後を絶ちません。

受験を控えたお子さんやお年頃の娘さんを持つママは、帰ってくるまでは心配で落ち着きませんよね。

ぜひ、夜道の防犯について話す機会を設け、犯罪者から身を守る知識を与えてあげてください!!

スポンサーリンク

夜道での犯罪から身を守る対策は?

狙われやすい人って?

・露出の多い服装
・肩からカバンをかけている
・ヒールを履いている
・酔っぱらってフラフラ歩いている

この全ての要素を持ち合わせた女性、夜遅い時間帯によく見かけますよね…
犯罪者に狙われやすい年齢は10~20代。
20代の娘さんを持つ親御さんは、ぜひ話す機会を作ってください。
塾帰りのお子様には、前ばかりを見てノロノロ歩くのではなく、周囲を警戒して足早に歩くよう教えてあげてくださいね。

犯罪が発生する時間帯は?

犯罪が増える危険な時間帯は、夜7時以降。
意外と早いですね。
アルバイトや塾からの帰宅時間と重なります。
深夜でなくとも油断は禁物です!!

人通りが少なく暗い道を避ける

疲れているから近道をしようと、人通りの少ない暗い道を選んでしまってはいけません。
人通りが多く、明るい道を選んで帰りましょう。
例え遠回りになってしまっても、安全な道を選ぶようにしましょう。
万が一、何かあった時に逃げ込める場所があるか把握しておくと安心です。

スマホを触りながら歩かない

スマホに夢中になっていると、不審な気配に気付きにくくなってしまいます。
会話をしていると防犯になるという話を聞いたことがありますが、もし後ろから口を塞がれてしまったら。。。。。
一瞬の出来事で、会話中の相手が異変に気付かない場合もあります。
もし、気付いたとしても駆けつけてくれるまでの時間が必要です。

スポンサーリンク

イヤホンで音楽を聴きながら歩かない

これは危険!!
周りの音が遮断され周囲の気配に気付かない状態は、犯罪者にとって好都合なのです。
イヤホンをしていることは、無防備をアピールしていると言っていいほど。
常に周りの物音に注意を払っておきましょう。

同じルート、同じ時間帯に帰らない

待ち伏せされる危険があります。
計画性のある犯罪から身を守るため、日頃から意識して何通りかの安全なルートを把握しておきましょう。

足早に歩く

前ばかりに気を取られていてはいけません。
周囲全体に気を配りながら、足早に歩きましょう。
お酒が入って千鳥足なんてもってのほか!!
そんな時は駅から自宅までタクシーを利用しましょう。

お薦め防犯ブザー3選

防犯ブザーを身に付けている事が伝わるだけで抑止力になります。
防水のものや、音の鳴らし方のタイプなど種類はさまざま。
なるべく大音量で高性能のものを選びましょう。
いざという時に正常に作動するか、定期的に確認することを忘れずに!!

クツワ STAD 防犯ブザー

ボタン電池ではなく、単4電池なところが嬉しいですね。
大きさはランドセルにピッタリ合うし、防水タイプを選べば雨の日も安心。
紐を抜くとかんぜんに抜け切るので、不審者が音を止めることはできません。
しかも、90db以上の大音量で最大5時間作動し続けます。
小さいお子様にお薦めの防犯ブザーです。

レイメイ藤井 防犯ブザー

登下校時はランドセルにしっかり固定することが出来ますし、安全ネックストラップが付いているので下校後も首から下げることが出来ます。
生活防滴なので雨が降ってきても大丈夫!!
LEDライトが点滅するので夜間でも安心です。

GT Road 防犯ブザー 卵型ミニ

なんと120dbの大音量!!
かわいい卵型の外見設計でコンパクト。
大人の女性でも持ちやすいデザインで、ストラップとして携帯することが出来ます。
食事会や残業の帰りも安心!!

自転車だから安全?

自転車だからといって決して安全ではありません。
相手も自転車に乗っていたら?
後ろから自転車で追いかけてきたら?
横から突き飛ばされたら?
慣れた犯罪者にとっては、歩きであろうが自転車であろうが関係ありません。
歩く時と同様、周りの気配には十分に注意しましょう。

駐輪場でも気を抜かない

なるべく人通りが多く明るい駐輪場を利用しましょう。
防犯カメラが設置されているか、しっかりチェックしておきましょう。

あとがき

事件の多くは夜間に発生します。
大切なお子様が犯罪に巻き込まれることのないよう、しっかり対策をしておきましょう!!



スポンサーリンク

-生活の雑学