生活の雑学

煽り運転された時の対策とグッズ!ドライブレコーダーは有効?

先日ドライブ中にファファファーン!!!!!!!と、大きなクラクションが聞こえました。
音のする方に目をやると、クラクションで威嚇しながら煽っているトラックが。

最近のニュースを見ていると、意外と「煽り運転」って多いんだな~って。
それもかなり悪質な。。。

もし自分がその被害にあったら、一体どうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

「煽り運転」の被害にあったら?

道を譲る

対抗心むき出しでキレ返してはいけません。
イラっとする気持ちをグッと抑えて、素直に道を譲りましょう。

故意に急ブレーキをかけない

こちらもイラっとしたからといって、故意にブレーキを踏んで逆襲しようと考えてはいけません。
故意にブレーキをかけた場合は前方車にも過失割合が生じてしまいます。
いや、過失割合とかそういう問題ではなく、危険なのでやっちゃダメです!!
話の通じない相手との無駄な争いは避けて、冷静に対処しましょう。

同乗者に動画を撮ってもらう

同乗者がいる場合は動画を撮ってもらいましょう。
いざという時の証拠になります。
くれぐれも運転しながらの撮影はしないように!!

車のナンバーを確認する

相手の車のナンバーと車種を確認し、進行方向を覚えておきましょう。
あとで警察にしっかり伝えることができるように準備は怠りなく!!

スポンサーリンク

車を停車しなければならない事態になった場合は?

絶対に車から降りない

話し合いで解決するわけではありませんし、やり合って勝てるわけでもないですし、そもそも話が通用するような相手であればこんな事態にはなっていないのです。
話をする必要も、ましてや謝る必要もございません。
相手が凶器を持っているかもしれないし、高速道路であれば降りること自体が危険です。
なるべく安全な場所に停車して、車の外には絶対に出ないようにしましょう。
たとえ、愛車を踏んだり蹴ったりされても我慢!!

全てのドアにロックをかける

車のガラスは頑丈です。
車中は安全ですので、落ち着いて行動しましょう。
キレている相手には完全無視で決め込むべし!!

110番する

キレている相手には目もくれず、冷静に110番!!
警察官が来るまでは、何があろうとも車からは降りずに、ひたすら無視です。
窓の外から怒鳴り声が聞こえようとも、窓ガラスを叩かれようとも、車のボディを蹴られようとも、「聞こえませ~ん。わたしはなんにも聞こえてませ~ん。」といった感じで大丈夫です。
警察官が来るまでのガマンです。
もしも愛車に損害があれば、保険会社に連絡することも忘れずに!!

「煽り運転」の対策は?

ドライブレコーダーの設置

ドライブレコーダーでの撮影は、後で有力な証拠になります。
前方だけでなく後方にも設置すると、さらに効果アリ!!
費用でお困りの場合は、ダミーでもいいので設置しておきましょう。

ドライブレコーダーのお薦めは「ユピテル」と「ケンウッド」。
どちらも人気のメーカーで、お値段も手頃で機能も充実しています✨

ステッカーを貼る

「カメラ撮影中」や「ドラレコ搭載車」などのステッカーを貼っておけば、抑止力になります。
「ドライブレコーダー」+「ステッカー」で効果は更にUP!!

大きい車に乗る

簡単にザックリ言うと「見た目でビビらす」というワザ…笑
実は小心者の煽り運転者には効果があるかも???

あとがき

最近ニュースで多く見かける「煽り運転」の事件。
ドライブレコーダーがよく売れていると聞きます。

。。。。。が、別の理由で購入する主婦の方もいらっしゃるとか。
その理由とは。。。旦那様の浮気対策!!

「煽り運転」&「浮気」の防止で一石二鳥!!
ドライブレコーダーは様々な用途で今後も大活躍しそうですね⁽⁽ ( ˊᵕˋ ) ⁾⁾



スポンサーリンク

-生活の雑学