美容・健康・ファッション

髪の老いを感じたら…ハリと艶を守るドライヤーの使い方

40代になると気になり始める「髪のボリューム」。
ハリも艶もなくなり、老いを思い知らされます…泣

先日、美容院で髪を乾かしてもらっている時に「髪の老い」についての話になり、正しいドライヤーのかけ方について教えていただきました。
実際に乾かしながら教えていただいたので、とっても分かりやすかったです✨
教えていただいたことを、忘れないよう書き留めておきます!!

正しいドライヤーの使い方で髪を守ろう!!

しっかりタオルドライしよう

ドライヤーを長時間使用すると、ドライヤーの熱で髪や頭皮を傷めてしまうそうです。
ドライヤーの前にしっかりタオルドライしておきましょう。

その際、地肌や髪をガシガシとこすってしまわないように注意!!
濡れた髪は傷付きやすいので、キューティクルがボロボロになってしまうとのこと。

ドライヤーの前に

オイルやクリーム、流さないトリートメントなどを使いましょう。

両手のひらを軽くこすり合わせて伸ばし、優しく髪にもみ込む感じで付けてくれていました。

分かりやすくいうと、片手でティッシュを丸める感じの手つき。
この例えが相応しいのか、チョット自信がないですが…苦笑

正しいドライヤーの使い方

同じ部分に長時間ドライヤーを当てると、ドライヤーの熱で髪を傷めるそうです。

ドライヤーは髪から15~20cm離し、キューティクルの方向に沿って上から下へあてるようにとのことでした。

早く乾かすには?

根元から乾かしていきます。

毛先から乾かしても、根元に水分が残っているとなかなか乾きません。
根元から乾かす方が、ドライヤーの時間を短縮できます。こちらは存じておりました( ´∀`)

ふんわり仕上げるコツは?

髪に空気を含むようなイメージで乾かすと、ふんわりと髪にボリュームを感じさせる仕上がりになるそうです。

先ほどの、オイルやクリームを付ける時の例えと同じく「片手でティッシュを丸める感じ」の手つきで髪をふんわり丸め、そこに風を送り込みます。

冷風をあてて艶を出そう!!

熱風を長時間あてると、髪を傷めてしまいます。

だからといって、ずっと冷風で乾かすってのも時間がかかるし、冬場なら風邪ひいちゃうので、完全に乾ききる前に冷風に切り替えるといいそうです。。
冷風をあてることでキューティクルが閉じ、艶が出るんだそうです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

自然乾燥はNG!!

ドライヤーをせずにいると、必要以上に水分が抜けてしまって頭皮が乾燥し、髪がパサいてしまうらしいです。
また、濡れた髪はキューティクルが開いている状態で、髪を湿ったままにしていると、雑菌が繁殖してかぶれやニオイのもとに。。。

しっかり乾かしてキューティクルを閉じ、雑菌の繁殖を防ぎましょう。
自然乾燥は、頭皮トラブルやパサつきの原因になっていまうので、ドライヤーで乾かすことが必要だそうです。

あとがき

お肌の手入れも怠らず、メイクもしっかりしているのに、何故かパッとしない。
老けて見える原因は髪だった!!ってことは40代を過ぎるとボチボチ感じ始めます。

正しいドライヤーの使い方で頭皮を守り、ハリと艶のある髪でいつまでも若々しくいられるよう頑張ります✨



スポンサーリンク

-美容・健康・ファッション