家事の工夫

レタスの保存方法と栄養素~ひと工夫で美味しく使い切る!!

更新日:

8月31日は「野菜の日」です!!

 

我が家では毎晩夕食にサラダを1品作ります。
で、重宝しているのが「レタス」!!

 

手でちぎるだけでサラダに使えて時短になるので、常に冷蔵庫に入っています。

 

でもね、レタスって傷みやすいのです…泣

 

週一ネットスーパーで済ます兼業主婦は、この傷みやすいレタスを1週間使いまわさなくてはいけません。

 

ということで、レタスの保存にもひと工夫しているのです♪

 

今日はその「レタス」の保存方法についてお話します。

 

レタスの選び方

芯の切り口が白いもの
芯の切り口が赤っぽいものは鮮度が落ちている可能性が。
切り口が白いレタスを選びましょう。

ふわっと軽いもの
葉が詰まってなく、巻きがふんわりしているものがオススメ。
軽いものを選びましょう。

まるごと一玉購入する
空気に触れて変色してしまうと苦みが出てしまいます。
カットされているレタスを購入する場合は、切り口が赤っぽく変色しているものはダメ!!
なるべく一玉購入し、保存方法を工夫して美味しく使い切りましょう。

常温保存では早く使い切ろう

レタスは傷みやすいので、常温保存の場合は新鮮なうちに使い切りましょう。
目安としては、冬場で4~5日間。夏場は2日程度なので、冷蔵保存がオススメ。

 

乾燥しないように工夫して冷蔵庫で保存しよう

手で芯を引っこ抜いちゃえ!!
レタスを裏返し、芯の周りをグイグイ押して一周します。
芯をグリグリッと回しながら引っこ抜きます。
この時、包丁など金属のものを使わず、手で引っこ抜くのがポイント!!(金属のものを使うと酸化しやすくなってしまいます)
そして芯を引っこ抜いた穴の部分に、水を湿らせたキッチンペーパーを押し込みます。
最後にラップで包み、大きめのフリージングパックに入れ冷蔵庫へ。

爪楊枝を使ってみよう!!
レタスの芯に爪楊枝を3~4本ググッと刺しちゃいます。
そして、フリージングパックに入れ冷蔵庫へ。

小麦粉を使ってみよう!!
レタスの芯の部分に小麦粉を塗ります。
この小麦粉がフタになって、水分が抜けるのを防げるのです!!
小麦粉をヌリヌリしたら、フリージングパックに入れて冷蔵庫へ。

 

シャキシャキ感はなくなるけど冷凍保存もOK!!

レタスを洗い、よく水を切ります。
手でちぎるか千切りにして、フリージングパックに入れ冷凍室へ。
シャキシャキ感はなくなってしまいますが、スープなどに使えます!!
忙しい兼業主婦には、時短になって助かりますよ!!

 

レタスを食べて若返ろう!!

レタスに含まれるビタミンEは、免疫力を高めたり、肌の老化を防いでくれたり、老化が気になる40代主婦にとって嬉しい効果があります。

カロリー低めでアンチエイジング効果あり!!
シミやソバカスにも効果があるそうなので、どんどん食べて美肌になりましょう!!

 

 

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-家事の工夫

Copyright© 兼業主婦のめげないブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.