美容・健康・ファッション

慢性腰痛に効く市販湿布薬の選び方~温感湿布おすすめ3選

40歳を過ぎた頃から痛み始め、今ではめっきり慢性腰痛持ちの私です。
最近、腰痛がヒド過ぎる…

ドラッグストアには沢山の湿布薬がズラッと並んでいるのですが。。。
慢性腰痛にはいったいどの湿布が効くのでしょうか?

スポンサーリンク

慢性腰痛とは?

3ヶ月以上続く腰痛を「慢性腰痛」と呼びます。
40代以降の中高年に多いとか。
ずーっと重苦しく、時にはズーンと時にはジンジンと痛み、この不快な痛みに慣れてきてしまっている自分がおります。

慢性腰痛の原因は?

・筋力の低下
・運動不足
・ストレス
・長時間同じ体勢でいること
・内臓疾患

デスクワークや長距離ドライバーなどの職種に多いそうです。
酷い痛みが続く場合は病気の可能性もありますので、念のために受診しておきましょう!!

慢性腰痛の湿布の選び方は?

湿布には冷湿布と温湿布があります。
慢性腰痛は湯船に浸かった時に痛みが和らぎますよね。
血行が良くなると改善するのです。
なので、慢性の腰痛には温湿布を選びましょう。
長時間の使用になる為、成分が弱めの肌に優しい湿布がお薦め。

人気商品&お薦めの温感湿布3選

慢性腰痛は温めることで痛みが和らぐので、温感湿布が効果的。
ということで、温感湿布で人気のあるもの、そしてさらにそこから厳選したオススメの3種をご紹介します。

フェイタス5.0温感

効きめ成分フェルビナクを配合した、経皮鎮痛消炎テープ剤です。
ビタミンE配合により患部の血行を促進し、ノニル酸ワニリルアミドの働きで温感作用を発揮します。
大判サイズで貼りやすいく、全方向伸縮なので肌にピッタリフィットしてくれて動きやすいです。

ハリックス55EX温感A

サリチル酸グリコールと抗炎症成分グリチルレチン酸のダブル消炎効果が特徴の商品です。
トウガラシエキスが患部の血流を促進し痛みをやわらげてくれます。
肌にやさしい弱酸性で安心✨
剥がれにくく身体の動きにフィットするので、勤務中も家事をする時も違和感なく気になりません。

ロイヒ温湿布フェルビナク

フェイタス5.0温感と同じくフェルビナクを配合した温湿布です。
非ステロイド系の鎮痛消炎成分フェルビナクが痛みの生成を抑え、トウガラシエキスによる温感作用で患部の血行をよくしてくれます。
「波形フィルム」採用で、一人でも簡単に貼ることができます。

湿布の使用に注意が必要な方は?

・妊娠している人
・肌の弱い方
・喘息持ちの方
・湿布でアレルギー症状が出たことがある方

他にも、湿布を剥がした部分に紫外線や室内光があたるとかぶれてしまう方がいらっしゃるとか。
「光線過敏症」という日光アレルギーだそうです。
ちなみに私は「紫外線アレルギー」です。
ある日突然発症するのがアレルギー。
皆様もお気をつけください。

慢性腰痛には貼るカイロが効果的?

温湿布はあくまで痛みを軽減するだけで、根本的な治療ではありません。
鎮痛成分によって痛みを取り除いているだけで、あくまで対症療法です。
温感作用のある湿布よりも、実際に温めることができるカイロや湯たんぽの方が効果的という説も。
でもやっぱり、ホントにホントに痛む時は鎮痛成分の入った湿布に頼らざるを得ません…。゚(゚*´Д⊂)

慢性腰痛を改善するには?

・運動する
・マッサージをして血行を促進する
・整体へ行く
・長時間同じ姿勢をとらない
・姿勢を正しく歩く
・疲れを取り除く

慢性腰痛になりにくいカラダ作りを日頃から意識しなければいけませんね!!

あとがき

痛いことが当たり前になってしまっていて、湿布を貼っている時だけが解放のひと時のような私。
湿布を貼って満足するのではなく、根本から改善することが一番大事ですね!!
なかなか完治することは難しい慢性腰痛ですが、自分で改善できる部分は努力したいと思います!!



スポンサーリンク

-美容・健康・ファッション