家事の工夫

雨の日の洗濯物~早く乾かすコツとアイテムをご紹介~

鬱陶しい天気が続いています。

どんなに雨の日が続こうとも、ランドリーバスケットの中に容赦なく放り込まれてゆく洗濯物。

思わず「ハァーッ」っと溜息が。。。

でも、その日の洗濯物はその日のうちに洗って乾かしてしまわないと、事態はどんどん悪化していくのです…泣

こういう時こそ背を向けず立ち向かっていかないといけないのです!!
もうこうなったら洗濯物との戦いです。

絶対に乾かしてやるっ!!!!!!!!!

雨が降り止む日が来るまでは、これくらいの気持ちで挑まないといけません。
少しでも気を抜くと溜まった洗濯物に押しつぶされてしまうのです。

いつものように干して、ポケーっと眺めていたって洗濯物は一向に乾きません。
ひと手間かけて、洗濯物を早く乾かしてしまいましょう!!

スポンサーリンク

雨の日の洗濯物を早く乾かすコツは

雨を理由に洗濯を諦めてはいけない!!

今日洗濯をやめたからといって、明日消えてなくなっているわけではなく。。。
今日の洗濯を諦めた場合、明日は2倍の洗濯物と戦わなくてはいけないという現実が待っているだけです。

雨が降ろうが槍が降ろうが、それを理由に洗濯を諦めてはいけません!!

その日のうちに乾かそう!!

乾かないからといって干しっぱなしにしていても、また翌日には次の洗濯物がやってきます。
次の洗濯物がやってくる前に、今ある洗濯物は全て乾かしてしまいましょう!!

部屋干しか外干しか

雨の日は湿気があるので、屋根があっても外ではなかなか乾きません。
雨の日は部屋干しをお薦めします!!

洗濯物があまりにも大量で部屋に干しきれない場合は、翌日に必要な衣類やタオルなどは部屋干し、数日間使う予定のないものや大きくて部屋に干すことが困難なものは屋根があるところで外干しするといいでしょう。

ハンガーラックは部屋干しにおすすめ

我が家ではハンガーラックにピンチハンガーをかけて洗濯物を干しています。

この方法なら、雨がおさまって外干しに移行する際も楽チン!!
ピンチハンガーを外して、そのままベランダへ移動させるだけなので、干し直す手間はかかりません。

駒が付いているハンガーラックなら、洗濯物を干したままでも部屋の中をコロコロと移動させることもできます。

洗濯物があまりにも多いと移動中に転倒させてしまうこともありますが、通常の量なら大丈夫。
しっかりしたハンガーラックを使用してください。
転倒に関しては自己責任でお願いします…(-∀-`; )

晴れた日は、ラグカバーなどをチョイと引っ掛けて干しておけますし、我が家ではたいへん重宝しております✨

その日のうちに部屋干しで早く乾かすコツは?

夜に干す

夜のうちに洗濯機をまわし、干しておきましょう。
寝ている間の6~8時間で乾きに差がでます!!

エアコンで乾燥した部屋に

エアコンの除湿機能で早く乾かすことはもちろんオススメなのですが、寒い冬でも便利なのは暖房機能。
暖房で温かくなった部屋は、洗濯物の乾きを早くします。
でもそんなことより私がエアコンの効いた部屋に干すことをオススメする理由は…
暖房機能でエアコンを使用している部屋に湿った洗濯物を干すことで、乾燥からお肌や喉を守ることができるから。
私は寝室に洗濯物を干して、寝ている間の喉の乾燥を予防しています。

除湿器や扇風機を使う

もっと乾きを早くしたいという方は除湿器!!
使い方のポイントは、除湿器から出る風を洗濯物に当てること!!
こうすることで、よりいっそう乾きが早くなります!!
除湿器がなければ扇風機で、洗濯物に風を送り込みましょう。
なるべく風が通りやすい場所に扇風機を置き、首振り機能を使って洗濯物全体に風を当てましょう。

乾いた洗濯物から取り込んでいく

仕事から帰ったら、まず乾いた洗濯物はサッサと取り込みましょう。
そして、空いたスペースに、まだ半乾きの洗濯物を風が通りやすいように干し直しましょう。
このひと手間が、その日のうちに洗濯物を乾かしきってしまうポイントになります!!
なるべく、間をあけて干す!!
これがポイントです!!

スポンサーリンク

あとがき

働く主婦にとっては晴れた日でさえ億劫に感じることもある洗濯。
季節の変わり目の雨の多い時期は、本当に悩まされます。
便利なアイテムを取り入れたり、新しい工夫を発見したりしながら、楽しく乾かせると良いですね♫



スポンサーリンク

-家事の工夫