芸能・テレビ・YouTube・音楽

ホリエモンロケット打ち上げ成功!!近畿大学でのスピーチを思い返してみた

更新日:

 

堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」の小型ロケット「MOMO」3号機の打ち上げが成功しました⤴✨

わりと嫌われ者的なホリエモンですが、私はずっと以前から興味があってYouTube「ホリエモンチャンネル」に登録しておりました。
ホリエモンのことが好きとか嫌いとかではなく、堀江貴文さんのお話は勉強になるし良い刺激をもらえていたのです。

当時話題になった堀江貴文さんの近畿大の卒業式でのスピーチ。
胸が打たれました。
若くなくたって、いい年したオバサンにとっても、とても為になる内容でした。

そのスピーチの一部を抜粋します。

就職できて安泰だと思ってたらこれ大間違い。みなさんが、一生勤め上げられると思っている会社は、たぶんどこかで、つぶれたり、どこかの会社に吸収合併されたり、すると思います。それを前提で生きていってください。

ほんとそうです。辛く厳しい現実ですが、ほんとにその通りだなぁと思います。

 

スポンサーリンク

 

今の常識は、10年後・20年後は、全く通用しないようになっている可能性は非常に高いです。そんな時に、どうすれば生きていけるのか?それは、まず最初に僕が言ったとおり、情報を自分で収集して、自分の頭で考えて行動する力を身につけることです。そして、常識に縛られないことです。今みなさんが常識だと思っていることは、例えば20年前は常識ではなかったこともたくさんある。常識とか、道徳とか、倫理とかこういったものっていうのは、5年・10年単位で簡単に書き換わります。

常識って何かね?ってね、思いますよね。
学校の校則とか、飲酒運転とか、喫煙の規制だとか、不倫だとか、なんだかんだ。
常識とか道徳とか倫理とか、そういった面でのホリエモンに対する外野の声なんて、そんなの気にしている暇は、きっと彼にはないのでしょうね。
宇宙事業を手掛けている彼にとってみれば、聞こえるか聞こえないか程度の僅かな雑音なのかもしれません。
ど~でもいいことなんでしょうね…笑

過去を悔やんでも、良いことは何一つないです。ただし、これからたぶん、みなさん、どんどん失敗していくと思います。チャレンジをするってことは失敗をする確率も上がるってことです。逆にいうとチャレンジしなければ、失敗することはないかもしれない。でも、成功することもあり得ない。

まぁ、過去にいろいろとありましたもんね…汗
どれが事実でどれが事実でなかったのか、ホリエモンの行いが良かったのか悪かったのか。
彼が善人か悪人か。
それは私に分かるはずもありませんが、常に前を見ている人だということは理解できます。

「年金はもらえるんでしょうか」とか「これから日本はどうなっていくんでしょうか」とか「私はとても不安です」って言う人たちすごく多い。
だけど、僕は老後のことなんか考えない。老後のことは老後になってから考えましょう。いくら準備してたって、50年後のことなんて分かりっこないですよ。
いまから50年前に出た未来予想図とか、その当時に出た、例えばSF映画とか観てみてください。笑っちゃうような、笑っちゃうような描写がほとんどだと思います。
人間なんて、5年先の未来だって、僕だって予測できないです。いまから10年前に、みんながこうスマートフォンを持って歩きスマホとかしながらツイッターとかラインとかやってる未来想像できましたか?みなさん、10年前に。できなかったでしょう?僕も出来ませんでした。だから未来のことなんか考えることには意味がない。

年金とかね、老後とかね、だいたいが考えて不安になってしまうことだと思うんですよ。
身内に迷惑をかけないためとか、やっぱりそういうことを考えること自体が常識的な。
先のことを考えないというのは、馬鹿げたことで、周りに迷惑をかける結果になるとか。
ホリエモンが特殊だから、優秀な人間だから、そういっていられるんだと。
そう思っているのでは、スタートする前に諦めているのと同じなんでしょうかね。

そしてスピーチの最後

未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。

どんな憎まれっ子からの言葉だとしても、私は有難くいただきました。
憎まれっ子と決めつけてゴメンナサイ。
ってか、40代の私にではなく、若者に贈った言葉なんですがね…苦笑

いちおう動画を貼っておきます。
興味がある方はぜひ😊

で、ですね、YouTubeではビジネスに関する良いアドバイスがたくさん聞けて、いつも勉強させていただいているんですが。
ビジネスで成功するには「最初にすること」が肝心だそうで。
後乗りはなかなか成功が難しいとか。
ブログでもYouTubeでも、最初にした人と後から始めた人では雲泥の差がありますもんね。
イケダハヤトさんとかヒカキンさんとか。
やっぱ先を読んでる人って凄い。たまたま当たったのかもしれないけど…笑

あとはアイデア。みんなと被らないアイデアは強いってなお話を確かされていました。
ホリエモンがコンビニアイス評論家「アイスマン福留」という方のお話をされていて、アイスマン福留の家に遊びに行くとアイスの棒がそこらへんに乾かしてある…とか。
あいつは凄い的な感じでリスペクトしていらっしゃるような感じでした。
で、気になってブログを拝見してみたら、な~るほど!!って感じでしたね…笑
【気になる方はコチラを→アイスマン福留のコンビニアイスマニア

 

スポンサーリンク

 

常に先取り先取り、ほかの人が考え付かないようなアイデアでとは言いますが。
ホリエモンが民間宇宙開発の活動を開始した2005年、私はまだ堀江貴文という方に全く興味がなく「いろいろありすぎて、おかしくなってしまったのか?」と正直思ってしまいました。
その後、ホリエモンの話を聞くうちに、「この人は先の先のそれまた先をみてビジネスをしているんだろうな。凡人が付いていけない速さで先に進んでいるんだろうな。」と思い始め…。

失敗しても失敗しても、周りの冷ややかな視線も批判的な声も全く意に介さず、ただただ夢中に前に前に進もうとしている彼を見ていると、すごい人だなぁ~と。
あのスピーチを思い出して、有言実行だなぁ~と。
国内初の民間ロケットの打ち上げ成功とか、14年前の私には正直全く想像できませんでしたから。

あと、なんでしたっけ、不登校の若者のための学校を作ったりもしてましたっけ。
たしか…たぶん。
おそらくその時も、ヤフーニュースでは「そんなんできるの~?」とか「無理でしょ」的なコメントがほとんどだったように思います。
不登校の若者を救いたいと思うだけの人はたくさん居るでしょうが、それを行動に起こせる人はどれくらいいるのでしょうか。
失敗するか成功するか、そんなのやってみなきゃ分かんないのでしょう。

今回の宇宙事業に関しても、ほんの数日前までは馬鹿にしたような批判的なコメントを多数目にしましたが、成功したとたん手のひら返したように絶賛のコメントが…笑
ちょっと笑っちゃいましたけど。
周りの反応とか今までの批判とかは、たぶんホリエモンも笑っちゃう程度のことなんだろうなぁって思います。
世界を見ている、宇宙を見ている人にとっては、ちっぽけなことなんでしょう。

ホリエモンが善人か悪人かは、いまだ分かりません…笑
それでも、凄い人だなぁ~と改めて思った嬉しいニュースでした✨

 

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-芸能・テレビ・YouTube・音楽

Copyright© 兼業主婦のめげないブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.