美容・健康・ファッション

年とともに涙もろくなる理由は「脳の老化」だった!!

投稿日:

 

「40代の私は泣きそうになっても泣かない」と豪語しているちっちですが。

 

そんなの嘘です。
年々涙もろくなっています。

 

特に、感動して泣いてしまうことが増えました。
それは、ほんとうに些細な事で。

 

サザエさんでも泣きます。
ドラえもんでも泣きます。
たまにコマーシャルでも泣きます。

 

 

最近では、知り合って間もない方の携帯電話に、お嬢さんから「受験に合格した!!」と連絡が入っている様子を見ただけで、涙が溢れ出してしまって。
電話をきって振り返った時、滝のように涙を流している私を見て驚いてらしゃいました…笑
出会って数日の人間に号泣されたらチョット引くよね…汗

 

ドラマのワンシーンを見ているような感覚で泣いたのか、はたまた自分の娘とダブって想像して泣いたのか。。。
その方がお嬢さん思いのとっても優しいお母さんだったから、その想いを想像して涙が出たのか。。。
とにかく、自分でも訳が分からぬうちに涙が溢れ、それを制御することができませんでした。

 

でね、最近知ってしまったのですが、この「年とともに涙もろくなる」ってのは、「脳の老化」らしいのです。
涙が溢れて止まらなかったのは、脳の老化により感情抑制のコントロールが出来なくなったってことなんだと。。。汗

 

脳の老化はずいぶん前から気付いていましたけどね。
涙もろくなる理由までもが「老化」で片付けられるとは。。。

 

あっそんでそんで、「自分のことのように感動する」ってのは、色々な経験を積み重ねることにより、共感することが出来る大人になったってことなんだって。
共感を司る前頭前野が鍛えられた大人だからこそ流せる涙なのだそうです。

 

 

経験値が上がることによって「共感力」が鍛えられ、老化によって感情のコントロールができなくなる。
そして涙が溢れ出し、周りの人たちにキョトン???とされるって訳なんですね。。。苦笑

 

いつから涙もろくなったんだろうか。。。
出産してから?30代頃から?いやいや40代?

 

思い返せば、子供たちを映画館に連れて行って「ドラえもん」を見せたアノ頃は、もう感情抑制のコントロールが十分に出来なくなっていたなぁ。

 

「漫画なんか見たないし!!」とか言ってる私に「見たい見たい!!」とせがむ我が子。
渋々連れて行ったはずが、思わず感動して涙してしまった。
映画が終わり館内が明るくなって、号泣している私を見た子供たちはビックリしていたなぁ。

 

あの時、もう脳の老化は始まっていたのか。。。。。

 

脳の老化は物忘れとかそんなもんだと思っていたけども、涙もろくなることも老化のひとつだったんだ。

 

でも、感動をコントロールできなくなるのは別に良いんじゃない?って思う。
感動が溢れて止まないのは、なかなかアツくて良い感じ💛

 

ただ、「怒り」の感情はコントロールしないといけないですね!!
脳の老化で「怒りっぽいお年寄り」にならないように気を付けないとっ!!

 

 

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-美容・健康・ファッション

Copyright© 兼業主婦のめげないブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.